治療費が安くなるケースとは

事故でけがをして病院で治療を受けた場合健康保険は使えないという間違った認識がありますが交通事故で病院にかかった場合でも健康保険は使えます。
また病院側からもこのような認識で自由診療になるといわれる場合がありますが、法的に見ても病院側が保険診療を拒むことはできません。
健康保険利用のメリットとしては、自由診療よりも自身が負担する費用を安くすることが出来ます。もし、自分にも事故の過失が認められる場合自分で負担する治療費が安くなり、建替え額も少なくて済みます。
たとえ、相手側に全面的に過失責任がある場合でも、賠償金の入金までは自分で診療費を建替えることになりますが、その金額が少なくて済みます。
保険診療の場合、病院の診療費は、事故の加害者が支払うべきものですが、保険診療を受けると費用の7割を健康保険が負担するということになってしまいます。
その場合、健康保険で負担した7割に当たる金額を後から事故の加害者に請求することになりこのことを第三者請求と言います。また、通勤中の交通事故の場合は労災保険の申請ができますが、加害者の自賠責保険などから先に賠償があった場合は、労災保険からその分の金額が差し引かれます。怪我で働けない場合などには労災保険の休業特別支給金を受けることが出来、その分メリットがあります。このように自動車保険と健康保険の両方をうまく活用したほうがよいでしょう。

コメントは受け付けていません。