先に賠償金を支払われた時

交通事故に遭いますとスムーズに解決できないことがあります。理由は、ほとんどが過失割合でもめるからです。誰でもそうですが、自分が悪いと認めることはしたくないものです。また、自動車保険の金額は自分の責任範囲内でしか支払われません。その意味においても過失割合は重要です。
自動車保険に加入しますと、最初に保険会社から言われることは「自分で交渉をしない」ことです。たまに「保険に入ってますので、全部自分のほうで支払います」などと無責任なことをいう人がいます。繰り返しますが、保険会社が支払う賠償金はあくまで当事者が負うべき責任の範囲内です。
ですから過失割合は簡単に決まるものではありませんが、そうしますと損失を被る人が出てきます。それは被害者です。
例えば、交通事故で重傷だったとき入院することになりますが、入院には費用が発生します。加害者に過失割合が多い場合は、本来ですと加害者側から支払われる保険金で賄うのが道理です。しかし、過失割合が決まらないばかりに保険金の支払いが滞ることになります。
このようなときに被害者が損失を被らないように加害者側から保険金が先払いされることがあります。そうしたときは、賠償すべき金額が確定したあとに、先払いした保険金を差し引きした分が支払われることになります。

コメントは受け付けていません。