交通事故時における治療と健康保険の内容について

通常の場合にあって、交通事故における怪我等の治療については、事故を発生させた本人(加害者)と、事故の被害を受けた被害者の双方が存在する事となります。
この場合、事故を発生させた加害者に全ての過失割合がある場合には、治療費の全額を加害者の責任において負担する事が原則とされておりますので、このような場合に備え、運転する人は、自動車保険等に加入する事で、事前の策を講じているのが一般的な運転者の認識とされております。
ところが、自動車保険等、事前の策を講じる事無く、運転する人も存在するのです。このような状況にあって、事故により被害者となった場合でも、加害者が自己の費用を以って、誠意ある対応を示す場合は問題ないのです。
反面、加害者が誠意を示す事が困難な場合にあっても、怪我をした被害者は、治療を必要としているのですから、正当な治療を受けられる事が望ましいと考えるのですが、このような場合、治療費の負担は誰が、どのように負担する事となるのでしょうか。
基本的には、健康保険を適用することで、通常の治療を受ける事が可能であり、事故が原因で、仕事が困難な状態となり、収入の道が閉ざされた場合にあっては「傷病手当金」が支給され、死亡の場合には「埋葬料」の支給を受ける事も可能です。
けれど、賠償の責任は加害者にあり、健康保険は一時的な対処としての役割を担いますので、加害者が賠償責任を逃れる制度では無い事を、確認願いたいのです。

 

 

コメントは受け付けていません。