交通事故における治療費と労災保険について

交通事故で受傷し治療を行う際は、自賠責保険扱いの自由診療で行われることが一般的です。ただし加害者が任意保険に加入していない場合や被害者に過失がある場合で、自賠責保険でカバーされる範囲を超えてしまう場合は、労災保険を使って治療を行うべきです。自賠責保険は、ケガの場合120万円が支払限度額になります。骨折等の重傷の場合はもちろん、当初は軽傷と思われた場合でも当初の見込みよりも治療に時間がかかったような場合には、自賠責保険の限度額を超えてしまうことがよくあります。加害者が任意保険に加入していない場合は、加害者本人が自賠責保険でカバーされない部分を賠償する義務がありますが、無い袖は振れないと言うとおり、資力がなければ被害者は何ももらえず泣き寝入りになってしまいます。また被害者に過失がある場合は、被害者の過失分は賠償金から差し引かれることになります。このような場合には、労災保険を使うことで治療費が自由診療よりも安くなるため、最終的に被害者が賠償を受けられる金額が多くなります。また仕事を休んでいる場合や、被害者に後遺障害が残存しているような場合には相手からの賠償金の他に、特別支給金が労災から支払われます。

コメントは受け付けていません。