交通事故と健康・労災保険特集

交通事故が生じたときに関係する保険は、自分が被害者である場合と加害者になった場合でも大きく異なってきます。たとえば、被害者になった場合に検査や治療のために病院に通う場合、健康保険で支払いをする必要がなく、保険証を持参していなくてもそのまま受診したり治療を受けることができるようになっています。また、通勤や勤務中の事故であった場合には、労災保険を適用することもできますので、自分で負担する割合はかなり減ります。この他にも、勤務先が任意で加入している保険や自分自身が加入している自動車保険の中で、被害者であっても利用できるような特約がついていることもありますので、自動車保険に加入している会社に一度問い合わせてみると良いでしょう。自動車保険以外にも、医療保険で交通事故による治療や入院の保障がなされている商品があれば、保険金を受け取ることができます。自分が被害者の場合には、保険金を受け取っても自動車保険の等級は据え置きになりますので、一度尋ねてみましょう。これらの支払いを受けるために診断書が必要になることもありますので、自分が加入している保険会社だけでなく、相手方の保険会社とも話し合いをしてみると良いでしょう。
事故車両の買取相場はhttp://caffeinated.jp